脱原発加速、2034年の発電比率9.9%

脱原発加速、2034年の発電比率9.9%

 政府が進める脱原発政策が後退なく進められ、新・再生可能エネルギー中心のエネルギー構造になる見通しだ。3月に発足した政府諮問機関である総括分科委員会が「第9次電力需給基本計画(案)」の主要内容を発表した。同計画によると、現在25基ある原子力発電所を2034年までに9基に減らし、全電力生産に占める原発比率を10%以下に引き下げる。代わりに新・再生可能エネルギー発電比率を15・1%から40.0%に高める。これをもとに、政府は基本計画を策定する。

 

2020年5月18日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ