経財相、消費再増税「首相から18日以降なんらかの判断ある」

 甘利明経済財政・再生相は17日午前、7~9月期国内総生産(GDP)速報値発表後の記者会見で、来年10月の消費再増税について「首相から18日以降になんらかの判断がある」との見方を示した。再増税の意義については「引き上げをしなければ社会保障の持続可能性が担保されない」と主張し、そのうえで「どのタイミングでやるかを首相が迅速、慎重に判断する」とした。

 

2014年11月17日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ