経産省がベストミックス案、太陽光は接続可能量に3GW積み増し、64GWを想定

経済産業省は4月28日、総合資源エネルギー調査会・長期エネルギー需給見通し小委員会・第8回会合を開き、2030年時点の望ましい電源構成(ベストミックス)案を公表した。電源構成を決めるに当たり、(1)一次エネルギーの自給率(原発を含む)を概ね25%とする。(2)電力コストを現状より引き下げる。(3)欧米に比べ遜色ない温暖化ガス削減目標――という3つの目標水準を掲げた。

 

2015年5月1日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ