竹中工務店、水素エネ活用の新VPP制御システムを開発 需給調整市場に対応

VPPシステムの構成(出所:竹中工務店)

竹中工務店(大阪府大阪市)は10月28日、2021年度から取り引きが始まる需給調整市場に向け、水素エネルギーを含む建物内の電源リソースを統合制御する新たなバーチャルパワープラント(VPP)制御システムを開発し、実証を行ったと発表した。

同社が独自に開発したエネルギーマネジメントシステム「I.SEM(R)」は、これまで蓄電池、発電機、電気自動車などの複数の電源リソースを統合制御し、VPPに対応してきた。

今回、再生可能エネルギーから製造して貯蔵することができ、脱炭素を目指した新しいクリーンエネルギーとして期待されている水素エネルギーシステムを、新たな電源リソースとして追加した。

同システムは

 

2020年11月4日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ