積水化学工業住宅カンパニー、蓄電池搭載率を伸長 分譲戸建て「コミュニティZEH」仕様で

積水化学工業住宅カンパニーは、戸建て住宅の蓄電池搭載率を大幅に引き上げる。戸建て住宅商品ラインアップを充実させると共に、分譲戸建て住宅での蓄電池搭載を積極化する。19年度補正予算のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)補助事業に、3戸以上の住宅と避難所のような災害時の地域貢献施設が一体となってゼロエネルギー達成を目指す「コミュニティZEH」が追加。同社は、「コミュニティZEH」に適合する分譲戸建て住宅において可能な限り蓄電池を搭載することで、全体の蓄電池搭載比率を引き上げていく方針だ。

 

2020年3月31日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ