積⽔ハウス、2019年度のZEH⽐率87%を達成 累積5万棟超える

(出所:積水ハウス)

積水ハウス(大阪府大阪市)は4月10日、2019年度の新築⼾建住宅におけるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の⽐率が87%(北海道除く)となり、2020年度同社⽬標の80%を前倒しで達成したと発表した。2013年から供給を開始した同社のZEH「グリーンファースト ゼロ」の累積普及棟数は51,793 棟(3 ⽉末現在)となった。

集合住宅でも2019年度に58棟のZEH-M、447⼾のZEH住⼾を供給。太陽光発電を搭載しない ZEH-M Oriented を除外した累計103棟691⼾となった。これらの⼾建住宅と集合住宅のZEHによるCO2排出削減効果は、合計で約71万t-CO2となった。

政府は第5次エネルギー基本計画で「2020年までにハウスメーカー等が新築する注⽂⼾建住宅の半数以上でZEHの実現を⽬指す」と⽬標設定している。同社では全社をあげてZEHを推進、賃貸住宅⽀店を除く81⽀店のうち、61⽀店で⽬標の80%以上を達成、うち19⽀店では既に90%を超えているという。

 

2020年4月16日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ