福岡市 補助金制度

1.対象システム、要件
対象システム  システムの要件
1 住宅用太陽光発電システム ・低圧配電線と逆潮流有りで連系していること。
・発電出力2kW以上であり50kW未満であること。
・未使用品であること
・交付年度の4月1日以降に電力会社による余剰電力の受給が開始されること(注1)
2 家庭用燃料電池
(通称:エネファーム) ・燃料電池ユニット並びに貯湯ユニットから構成され、燃料電池の排熱を回収し、熱を有効利用できる機構を持つこと
・定格運転時において1.5kW以下の発電出力がある燃料電池システムであること
・JIS基準に基づく計測を行い、定格運転時における総合効率がLHV基準で80%以上であること
・未使用品であること
3 リチウムイオン蓄電システム ・ 一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)が実施する「定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業」の補助対象機器であること。
・未使用品であること
4 HEMS(ヘムス(注2)) ・ 一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)が平成25年度以降に指定したエネルギー管理システムの補助対象機器と同等以上のものであること。
・未使用品であること

 

2014年7月6日 カテゴリー: 未分類

 


  • 蓄電池設定①災害 スマートスターL スマートドリム ニチコン パナソニック ハイブリッド フレキシブル エネハンド
  • 蓄電池設定②FIT スマートスターL ニチコン オムロン 長州 エネハンド
  •  

     

     

     

     

    ページの先頭へ