特別企画 : 「太陽光発電システム販売・施工」5665社の経営実態調査 「増収」が約7割、震災後最高を記録 ~ 「黒字」も8割強で最高 ~

震災後のエネルギー問題を背景に、市場拡大が急速に進む太陽光発電システム業界。2012年7月に政府が導入した再生可能エネルギーの「固定価格買取制度」によって、その流れがさらに強まる一方で、ここにきて、設備認定施設の未稼働問題など制度面の“ひずみ”も目立ってきた。
帝国データバンクは、自社データベースである信用調査報告書ファイル「CCR」(160万社収録、2014年6月末時点)などをもとに抽出した「太陽光発電システム販売・施工」を手がける5665社(主業、従業を問わず)について、売上状況および損益状況、年商規模・従業員数別、都道府県別に集計・分析した。なお、同様の調査は今回が初めてとなる。

 

2014年7月27日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

ページの先頭へ