温泉とコシヒカリの村に太陽光発電、3カ所の設備から720世帯分の電力

新潟県の北部にある関川村で、3つの太陽光発電所が2014年12月に運転を開始する。かつて農場や中学校のグラウンドがあった土地を利用する計画で、3カ所を合計すると発電能力は2.7MW(メガワット)になる。村の総世帯数の3分の1以上に相当する電力需要をカバーできる。

 

2014年6月16日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ