法制度・規制: 太陽光発電の出力制御ルールが変わる、東京・中部・関西の3地域は緩やか

資源エネルギー庁は1月26日付けで、再生可能エネルギーの発電設備に対する出力制御ルールを変更する。当初の案では全国一律の新ルールを適用する予定だったが、地域ごとの状況に応じて条件に差をつけた。東京・中部・関西では出力50kW未満の小規模な発電設備は出力制御の対象にならない。

 

2015年1月23日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ