東京都、自家消費型の「再エネ発電設備」導入に最大1億円を助成

画像はイメージです

東京都は8月3日、民間事業者に対して、固定価格買取制度の認定を受けない地産地消型の再生可能エネルギー発電等設備と、再生可能エネルギー熱利用設備の導入を支援する助成金の申請受付を開始した。

事業名は「地産地消型再エネ増強プロジェクト事業」。助成対象事業は、再生可能エネルギー設備を都内に設置し、設備から得られたエネルギーを都内の施設で消費する事業。CO2を排出しない「ゼロエミッション東京」の実現に向け、再生可能エネルギーの導入拡大を図ることを目的とする。

 

2020年8月11日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ