明電舎、EV用モータの新工場を本格稼働 250kWの太陽光発電設備搭載

新工場外観(出所:明電舎)

明電舎(東京都品川区)は10月19日、電気自動車(EV)事業のさらなる安定と拡大を目的に、100%子会社である甲府明電舎(山梨県中央市)内に建設を進めていたEV用モータの新工場が完成し、本格稼働を開始したと発表した。

この投資は、中期経営計画2020における成長投資枠の一環として行うもので、拡大するEV市場の要求に対応するために、車載用モータ生産の中核工場として、生産ラインの増強によりさらなる事業規模拡大を目指す。

新工場建屋の延べ床面積は約3,500m2。最大年間生産台数17万台。環境への配慮では、屋上に250kW太陽光発電設備を設置。また、空調エネルギーを低減するため、

 

2020年10月23日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ