政府 エネルギー新産業に42兆ウォン投資

政府は、再生可能エネルギーや環境にやさしいエコ発電など、エネルギー新産業の育成のため、2020年までに合わせて42兆ウォンを投じることになりました。
産業通商資源部が5日、エネルギー未来戦略委員会を開き、「エネルギー新産業の成果拡散と規制改革総合対策」としてまとめたものです。
それによりますと、2020年までに、太陽光や風力など再生可能エネルギーの普及拡大に向けて33兆ウォンを投入するほか、エネルギー貯蔵システムに4兆5000億ウォン、電力をデジタルで計測しメーター内に通信機能を持たせた次世代電力量計、スマートメーターに2兆5000億ウォン、環境にやさしい発電に2兆ウォンを投じるということです。
このうち、再生可能エネルギーの普及拡大については、2020年までに、1300万キロワット規模の再生可能エネルギー発電所を拡充するとしています。これは、石炭火力発電所26基に相当するものです。
また、政府は、2018年から、発電所の生産電力の一定の割合を再生可能エネルギーによって供給するよう義務付け、2018年の再生可能エネルギーによる供給比率を、これまでの対策で示していた4.5%から5%に引き上げました。

 

2016年7月7日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ