政令市初、横浜市新庁舎が再エネ100%に 焼却工場や卒FITの電力を活用

事業スキーム(出所:横浜市)

横浜市は7月1日、横浜市役所の新庁舎で使用する電力について、市内の卒FIT電力などの活用により、再生可能エネルギー100%にすると発表した。さらに2050年までに18区庁舎でも同様の取り組みを進め、市役所全体で消費する全ての電力を再生可能エネルギーに転換する。

新庁舎は2020年5月に竣工。ZEB Readyなど高い省エネ性能を確保しており、建物の環境性能を格付けする「CASBEE横浜認証制度」で最高位の評価「Sランク」の認証を取得している。

この新庁舎において、再エネ100%を実現するとともに、再エネの地産地消を進める。市の焼却工場で発電された再エネ電力を、自己託送制度を活用し新庁舎に供給。

 

2020年7月21日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ