廃校が“太陽光発電”で甦る!? 佐渡の酒造りにみるエネルギーの地産地消

周囲約262km、人口約5万9,800人、日本海・新潟沖に浮かぶ佐渡島。特別天然記念物でもあり国際保護鳥にも指定されているトキの生息地として有名だ。その佐渡島で行われているある取り組みに注目が集まっているという。廃校となった校舎を利用して酒を醸造する「学校蔵プロジェクト」である。このプロジェクトで中心的な役割を果たしている老舗の酒蔵、尾畑酒造の専務取締役・尾畑留美子さんにお話しをうかがった。

 

2014年11月28日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ