太陽電池の国内出荷量は22%の大幅減に――2020年度第2四半期

太陽光発電協会(JPEA)が2020年度第2四半期(2020年7月~9月)における太陽電池の国内出荷統計データを公表した。太陽電池モジュールの国内総出荷は1276MWで、前年同期比に比べて22%減となり、大幅に減少した。

太陽光発電協会(JPEA)は2020年11月27日、2020年度第2四半期(2020年7月~9月)における太陽電池の国内出荷統計データを公表した。太陽電池モジュールの国内総出荷は1276MWで、前年同期比に比べて22%減となり、大幅に減少した。

 同期の総出荷量を用途別みると、住宅用途が219MW(前年同期比18%減)、非住宅用途が1057MW(同22%減)となった。全体の8割を占める非住宅用途の内訳は、売電を目的とした出力500kW以上の「発電事業用途」が749MW(前年同期比15%減)、オフィスや工場・公共施設など(出力500kW未満の地上設置を含む)の「一般事業用途」は308MW(同35%減)となっている。

 国内出荷量を日本・外国企業別にみると、日本企業は488MW(同34%減)、外国企業は788MW(同11%減)。用途別でみると「住宅用途」は、日本企業が161MW(同21%減)、外国企業が58MW(同8%減)、「発電事業用途」は日本企業が227MW(同32%減)、外国企業が522MW(同5%減)、「一般事業用途」は、日本企業が100MW(同51%減)、外国企業が208MW(同23%減)で、日本企業の落ち込みが大きくなる結果となった。

 なお、国外も含めた総出荷量は1342MWで、こちらも前年同期比で22%減少となった。海外出荷は前年同期比37%減の66MWとなっている。日本企業/外国企業の総出荷量比率は41:59、国内生産/海外生産の比は15:85で、2020年度第1四半期に比べ海外生産比率は減少した。

 

2020年12月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ