太陽光 法制度・規制: 再生可能エネルギーの接続可能量、バイオマスよりも原子力を優先

九州電力をはじめとする電力会社の接続保留を受けて、政府の委員会が再生可能エネルギーの接続可能量を算定する方法の検討を進めている。年間の発電量や出力の安定性を重視して接続可能量を拡大させる方針で、ベース電源に位置づける水力と地熱を原子力とともに優先させる。

 

2014年11月8日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ