太陽光関連の倒産は2年連続で減少も、大型倒産は増加傾向に

帝国データバンクが太陽光関連業者の倒産に関する調査結果を発表。同年度の倒産件数は前年度比2.5%減の79件となり、2年連続で減少となった。ただし、年度末にかけて大型倒産が発生しており、今後の動向には十分な注意が必要としている。

帝国データバンクは2021年4月14日、2020年度(2020年4月~2021年3月)における太陽光関連業者の倒産に関する調査結果を発表した。同年度の倒産件数は前年度比2.5%減の79件となり、2年連続で減少となった。ただし、年度末にかけて大型倒産が発生しており、今後の動向には十分な注意が必要としている。

 倒産態様別では「破産」が71件(構成比89.9%)、「民事再生法」が5件(6.3%)、「特別清算」が3件(3.8%)。負債総額別では「1000万~5000万円未満」が31件(39.2%)を占め、次に「1億~5億円未満」が25件(31.6%)となった。

 負債総額は、前年度比105.1%増の486億5000万円だった。半期ベースでは、2020年度上期が前期比8.9%減の41件、負債総額は同22.1%減の105億9000万円。2020年度下期が同7.3%減の38件、負債総額は同259.4%増の380億6000万円だった。なお、2021年1月以降、負債100億円を超える大型倒産が、JCサービス(3月24日民事再生法、負債約153億4200万円)など2件発生している。

太陽光関連事業者の倒産件数と負債総額の推移 出典:帝国データバンク

 業歴別では「5~10年未満」が20件(25.3%)と最も多く、「30年以上」が19件(24.1%)、「10~15年未満」が14件(17.7%)と続く。資本金別では「100万~1000万円未満」が37件(46.8%)、「1000万~5000万円未満」が31件(39.2%)。従業員別では「10人未満」が63件(79.7%)、「10~50人未満」が14件(17.7%)となり、中小企業が中心だった。

 

2021年4月22日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

ページの先頭へ