太陽光発電開発戦略(1): 安価な電源を大量導入、その夢をかなえるのか太陽光 (1/2)

太陽光発電の最終目標は、既存の大規模発電所を一部肩代わりすることだ。そのためには固定価格買取制度(FIT)に頼らなくても自立できるよう、さまざまな欠点を解消する必要がある。まずは発電コストの引き下げだ。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が5年ぶりに策定した新しいロードマップ「太陽光発電開発戦略」の内容を紹介する。

 

2015年1月8日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ