太陽光発電:災害に備えて導入の動き広がる

災害時、自前で電気を賄うことを目的に、再生可能エネルギーを導入する動きが広がっている。屋上の空きスペースに太陽光発電用のパネルを設置。普段は電力会社に売り、震災などの際に停電が起きた場合は自給自足に切り替える仕組みだ。

 

2015年1月9日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ