太陽光発電搭載車をレンタル。キャンピングカー、白井市と防災支援協定締結

白井市に向けて優先的にレンタル

キャンピングカー株式会社は、2019年12月6日、千葉県白井市との間で防災支援協定を締結すると発表した。

同社は、キャンピングカーのレンタルサービス『Japan C.R.C.(ジャパンキャンピングカーレンタルセンター)』を展開している企業。白井市との協定では、太陽光発電設備や災害用トイレを搭載した車両が、同市に向けて優先的にレンタルされるという。

災害時に役立つ装備を搭載しているキャンピングカー

キャンピングカー株式会社の『Japan C.R.C.』は、行き先・用途・利用人数に合わせて好みの車種を選べるレンタルサービス。初心者であってもキャンピングカーの魅力を体験できる点が人気を呼び、同社は既に全国16か所にて同サービスの営業所を展開している。

同社は、キャンピングカーが災害時に役立つ装備を搭載している点に着目し、防災事業への取り組みも開始した。太陽光発電および蓄電といった機能を活かし、即座に支援ができる仕組みを整備。2018年の西日本水害では、車両レンタルを行った実績も持つ。

災害応急対策の円滑な遂行を支援

千葉県白井市は、これまでは災害が比較的少ない地域と考えられていた。しかし、2019年9月の台風被害によって、防災・減災対策の必要性を認識。キャンピングカー株式会社との防災支援協定締結に至ったという。

同協定は、同年12月13日付で締結される。同社は、太陽光発電を備えたキャンピングカーを白井市へ優先的に貸し出すことで、同市の災害応急対策の円滑な遂行を支援するとしている。

 

2019年12月10日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ