太陽光発電システム世界市場総括 さらに増加

2014年の太陽光発電システム世界市場においては、中国、日本及びインド等を擁するアジア地域が2013年に続いて最大の導入地域であった。米国市場の成長が継続したが、欧州市場は、前年からさらに縮小する結果となった。

一方で、市場は世界に拡がり、南アフリカやチリといった新市場での本格導入も開始され、2015年以降のさらなる市場成長の期待が高まる1年となった。太陽電池製造産業界では、世界市場の成長を見越して、増産の動きが再び出てきている。

 

2015年1月26日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

ページの先頭へ