太陽光発電で全国2位、メガソーラーが港や湖から線路沿いまで広がる

茨城県では風力に続いて太陽光発電の導入プロジェクトが急増中だ。固定価格買取制度の認定設備は全国で第2位の規模に拡大した。太平洋側の港や湖に近い場所には土地の特性に合わせた建設方法でメガソーラーが造られている。県内に数多くある工業団地でもメガソーラーの誘致が活発に進む。

 

2014年6月6日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ