太陽光パネルなど無償設置 宮古島の取り組みを表彰

電力の「地産地消」が評価されました。

再生可能エネルギーなどを推進する新エネルギー財団が最も優れた活動として表彰したのは沖縄県宮古島市の取り組みです。宮古島では行政と民間が連携して市営住宅40棟に太陽光パネルとエコ給湯器120台を無償で設置しています。発電した電気は一括で管理し、住民に安く販売するなどして島内で消費しています。原発の再稼働が進まず、電力を火力発電に頼るなか、再生可能エネルギーによる電力の地産地消に注目が集まっています。

 

2020年1月30日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ