味の素グループ、「RE100」への参画を発表

(出所:味の素)

味の素グループ(東京都中央区)は8月4日、「電力の再生可能エネルギー100%化」を目指す企業で構成される国際的な環境イニシアティブ「RE100」への参画を表明した。同イニシアティブへの参画により、2050年度の再エネ100%化を目標として新たに設定した。

RE100は、情報技術や自動車製造など多様な分野からのグローバル企業が参加するイニシアティブ、2050年度までに企業が自らの事業の使用電力を100%太陽光・風力・水力・バイオマス・地熱などの再エネで賄うことが目標として設定されている。今回の参画に当たっては、持続可能な脱炭素社会実現を目指す企業グループ、日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)に支援を受けた。

 

2020年8月19日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ