停電時でも電気を自給自足できる住宅  内閣官房『国土強靭化 民間の取り組み事例集』に掲載

ユートピア建設株式会社(所在地:愛知県岡崎市、代表取締役:山口雅弘、以下「当社」)は、内閣官房国土強靭化推進室が令和2年4月に刊行した『国土強靭化 民間の取組事例集』に「停電時でも電気を自給自足できる住宅の建設・販売」として紹介されました。

<『国土強靭化 民間の取組事例集』とは>

国土強靱化に関して先導的な取組を収集した内閣官房発行の事例集で、平成27年からこれまでに521事例を掲載、今回は58事例を追加掲載。

■選定理由

当社の家づくりのコンセプトは「命を守る防災住宅」です。2018年より、太陽光発電システムと大容量の蓄電池により、停電時でも電気を自給自足できるスマートハウス「U-Smart2020」の建設・販売を開始。これまで台風による停電時でも「我が家だけは普段の生活ができた」と大変高い評価をいただいてまいりました。

また、蓄電池に搭載されたAIや、自然の風や光を最大限に活用する設計「パッシブデザイン」を採用し、4人家族の場合、普段より節電に努めれば、最大2日間程度は蓄電池の電気で生活できると想定しております

 

2020年4月30日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ