佐賀県唐津市・600MWの洋上風力発電計画等に環境大臣意見

画像はイメージです

環境省は10月8日、日本風力開発(東京都千代田区)が計画する最大出力18万kWの「(仮称)惣辺奥瀬風力発電事業」、アカシア・リニューアブルズ(東京都中央区)と大阪ガス(大阪府大阪市)が計画する最大出力60万kWの「(仮称)佐賀県唐津市沖洋上風力発電事業」などに関する、計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を、経済産業大臣に提出した。

両事業の事業実施想定区域・周辺には、住居等があることや、自然公園法に基づき指定された国定公園が位置すること、国内希少野生動植物種に指定されている鳥類等の生息が確認されていることなどを踏まえ、大臣意見では以下のことを求めている。

 

2020年10月12日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ