京セラの蓄電池を活用した再エネ「自己託送」 国内初、実証実験がスタート

野洲上屋(やすかみや)発電所

京セラ(京都府京都市)は7月1日より、滋賀県野洲市で、再生可能エネルギーを一般送配電事業者の送電線を利用して別の拠点に供給する「自己託送」において、蓄電池を活用して系統負担を軽減する実証実験を開始した。同社によると国内初の試み。

同実証では、京セラ製太陽光発電システム約150kWを設置した「野洲上屋発電所」で発電した再生可能エネルギーを、関西電力の送配電網を通して、約2km離れた京セラ滋賀野洲工場に供給する。

自己託送の実証実験では、

 

2020年7月2日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ