中国電力、2030年に再エネ導入量1.5倍へ 新経営ビジョンを発表

新経営ビジョンで掲げた目標 (クリックで拡大します)

中国電力は1月21日、2030年をターゲットとするグループ経営ビジョン「エネルギアチェンジ2030」を発表し、グループ全体で30~70万kWの再生可能エネルギー新規導入を目指すことを明らかにした。

ビジョンでは、再生可能エネルギーを成長領域の一つと位置付け、積極的に導入を進めることを定めた。同グループの再生可能エネルギー導入量は2019年度末見込みで約100万kW。新たに30~70万kWを開発することで、2030年には約1.5倍まで拡大する。

これにより、2030年度時点の揚水を含む水力や、それ以外の再生可能エネルギー、原子力発電設備を合計すれば、同社が現在保有する発電設備の半分程度に相当する規模になるという。

 

2020年7月18日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ