マーケット 英国が太陽光発電のホットスポットに

【サフォーク州(英国)】古い飛行場に沿って、実った大麦がそよ風に揺れている。道の反対側にはもっと静かな一群がずっと先まで広がっている。8万枚の太陽光パネルで、銀色に輝く表面は南を向いている。

曇り空と雨の国、英国は多くの太陽エネルギー投資家にとって欧州で最もホットな場所に急速になりつつある。ドイツはパネルでいっぱいになり、スペインでは突然の助成金中止で太陽エネルギー熱が衰え、イタリアでは景気低迷が足を引っ張っている。

 

2014年8月6日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ