パナソニックが太陽電池生産から撤退、国内外でのパネル販売は継続

パナソニックが太陽電池生産から撤退すると発表。マレーシア工場および島根工場における住宅・産業向けすべての太陽電池モジュールの生産を2021年度中に終了する。

パナソニック ライフソリューションズ社は2021年2月1日、太陽電池生産から撤退すると発表した。マレーシア工場および島根工場における住宅・産業向けすべての太陽電池モジュールの生産を、2021年度中に終了する。

パナソニックの島根工場 出典:パナソニック

 マレーシア工場については、2021年度中に、太陽電池ウエハ、セル、モジュールの生産を終了する。建物、土地などの資産については譲渡を検討するとともに、マレーシア工場の現地法人であるパナソニック ソーラー エナジー マレーシア株式会社の精算も行う方針だ。

 島根工場についても同年度中に、太陽電池セルの生産を終える計画だが、パワーコンディショナーや蓄電池などの生産は継続する方針だ。太陽電池の生産に関わる従業員については、同工場内を基本として、今後成長が期待されている領域への異動により、雇用を維持するという。

 ただし、生産については撤退するものの、今後も国内では太陽電池の生産委託などを行い、パナソニックブランドでの販売を継続する計画。海外では、既に北米などで実施している太陽電池の外部調達による販売を継続する。

トヨタの「プリウスPHV」に搭載したパナソニック製太陽電池の写真

 なお、生産撤退に伴い、二色の浜工場における太陽電池の研究開発機能も縮小。人的リソースについては、成長領域へシフトするという。二色の浜工場ではトヨタ自動車の「プリウスPHV」に採用されている特定用途向けの太陽電池などを生産していたが、こうした特定顧客向け太陽電池の生産は継続する方針。また、福島工場における時計、電卓向けなど民生用太陽電池の生産も続ける。

 パナソニックは国内の太陽電池需要の低下を受け、2017年に太陽光発電事業の事業構造改革を発表。太陽電池モジュール生産拠点である滋賀工場での生産を2018年3月末に終了し、今後は島根工場およびマレーシア工場を活用し、モジュールだけでなくセル単体でのデバイス販売を強化していく方針を掲げていた。

 パナソニックでは今回の2工場でのモジュール生産の終了により、太陽光発電関連の事業構造改革は完了になるとしている。

 

2021年2月2日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ