スマートハウス: 蓄電池の容量を空けて太陽光を待つ、電力会社の出力制御にも対応できる住宅

住宅用を含めて太陽光発電の出力を電力会社が制御できるようにルールが変わった。発電した電力が昼間に余っても電力会社に供給できない事態が想定される。積水ハウスは太陽光発電と蓄電池を連携するシステムをスマートハウスに採用して、余剰電力を自動的に充電できるようにした。

 

2015年5月19日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

ページの先頭へ