シャープと東電、「初期投資ゼロ」太陽光発電で提携 法人向けに提供開始

画像はイメージです

シャープエネルギーソリューション(SESJ/大阪府八尾市)と東京電力ベンチャーズ(東京都千代田区)は12月16日、法人向けに「初期投資ゼロ」で太陽光発電を導入し、発電した電気を提供する、オンサイト電力購入契約(PPA)モデルによるサービスの展開で提携したと発表した。

同サービスは第三者所有(TPO)モデルとも呼ばれる。東京電力ベンチャーズは、サービスの提供者として、顧客の工場や倉庫、店舗などの屋根や遊休地を借用し、太陽光発電システム導入の初期費用を負担した上で、同設備を設置・所有・運用する。顧客には、一定期間、CO2フリーで発電した電気をリーズナブルな価格で供給するという。

 

2020年12月19日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ