シチズン光発電スマートウオッチ「CITIZEN Eco-Drive Riiiver」実店舗に登場

2019年11月28日からシチズン時計公式オンラインショップで発売を開始した、光発電スマートウオッチ「CITIZEN EcoDrive Riiiver」全4モデルのうち3モデルが、2019年12月26日より実店舗で販売を開始した。

従来はオンライン販売のみだったが、実店舗で販売を開始したことにより、購入前に試着が可能になった。なお、店舗により予約受付のみの場合もあり、取扱モデル・入荷、在庫状況は異なる。事前に公式サイトで取扱店舗を確認し、在庫状況を店舗に問い合わせることをオススメする。

東京都内では、シチズン時計のフラッグシップストアである「CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO」のほか、CITIZEN EcoDrive Riiiverのコンセプトショップmove 新宿マルイ本館店」に入荷されていて、試着が可能なことを確認した。両店舗とも、1月2日から営業を開始している。

光発電により持続時間およそ7ヵ月

EcoDrive Riiiverは、光発電エコ・ドライブを搭載しているため充電ケーブルによる充電が不要、Bluetoothによりスマホと連携する。Bluetoothとは常時接続ではなくさらに低消費電力の設計も手伝い、持続時間はおよそ7ヵ月、暗闇で光発電が停止した場合は自動的に節電モードに切り替わりおよそ1.5年とうたう。

ほかのスマートウォッチOSとは一線を画する「自発性」が特徴

IoTラットフォームである「Riiiver」は、ユーザーの好みの機能をユーザー自身が割り当てたり、作成することで利用できる。

たとえば、EcoDrive Riiiverのボタンを押したり、指定した歩数を歩くことで「トリガー」となり、定型文のメールを特定のアドレスに送るといった機能を、ユーザーの好みに合わせて指定できる。つまり一般的なスマートウォッチが「受け身」のデバイスだとすると、EcoDrive Riiiverは「こちら側から自発的にアクションを起こすためのデバイス」なのだ。

そのほか消費カロリーや歩数、光量の計測が可能。ケースバンドともにステンレスケース径43.2mm、厚み12.6mm。風防は無反射コーティングのサファイアガラス、10気圧防水。価格は各4万9500円。

 

シチズン光発電スマートウオッチ「CITIZEN Eco-Drive Riiiver」実店舗に登場

 

2020年1月4日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ