オムロン、高圧受電の太陽光「完全自家消費」に対応 専用保護継電器

オムロン ソーシアルソリューションズ(東京都港区/OSS)は11月4日、 コンビニエンスストアやスーパーマーケット、ドラッグストア、中小規模の工場などで、事業者が太陽光で発電した電力を売電せずに全てを施設内で利用する「完全自家消費」専用の保護継電器「KP-PRRV」を2021年2月に発売すると発表した。

同製品は、高圧受電向けの太陽光システムの安全を担保し、送電網(電力系統)の故障や事故発生時にその影響を最小限に抑えるための機器(保護継電器)。2020年夏発売の完全自家消費対応パワーコンディショナ「KPW-A-2」と組み合せることで、高圧受電の施設において最小の機器構成で、消費電力に対して99%程度の高精度で追従して発電。ロスを最小化し、最大限に発電する完全自家消費システムを実現するという。

 

2020年11月6日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ