アマゾンが10万台の電気自動車を発注…2040年の二酸化炭素排出ゼロを目指して

2021年には、あなたがアマゾンプライムで注文した荷物がアマゾン(Amazon)の電気自動車で配達されるようになっているかもしれない。

アマゾンは2月4日、電気自動車メーカーのリビアン(Rivian)に10万台の特注車両を発注したと発表した。電気自動車は、同社が2040年までにカーボンニュートラルにするという自主的な誓約「Climate Pledge」を達成し、物流業務をさらに拡大するのに欠かせないものだ。

アマゾンは伝えられるところによると年間25億個のパッケージを配送していて、今やアメリカ最大の配送業者の一つだ。2019年には自社配送するパッケージは20%だったが、2020年には半分になるという。

アマゾンは2021年には新しい配送車での配達を開始すると述べている。今回の発表で同社は電気自動車のデザインも披露した。配達ドライバーからのフィードバックを活かし、機能を改善したという。

 

2020年2月16日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ