「楽天」は2025年までに電力を100%再生可能エネルギーへ

「楽天」は国際的な環境イニシアチブ「RE100」に加盟し、2025年までに自社事業で使用する電力を100%再生可能エネルギーにする方針を発表した。

「RE100」とは「Renewable Electricity 100%」の略。国際環境NGO「The Climate Group」が、気候変動の情報開示を推進するNGO「CDP」とのパートナーシップのもとで運営する国際的な環境保護組織だ。

事業活動で使用する電力のすべてを再生可能エネルギーでまかなうことを目標とした企業が、世界で約220社、日本でも30社加盟している。

楽天は以前から、自社の事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーにしていく「Project R100」の実施や、関わっているスポーツの試合におけるCO2オフセットなど、再生可能エネルギーの導入と利用を推進してきた。今後は「RE100」の達成に向け、社内外のステークホルダーと協力して目標の実現を目指すとのこと。

楽天のこの動きを皮切りに、日本のビジネスシーンはよりクリーンなものとなっていくことが期待できそうだ。

 

2020年2月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ