交付金2割減で電気代割引見直し 企業に影響、商品値上げも (2015年8月19日午前7時20分)

 原発立地や周辺地域に新規に進出したり、工場などを増設したりした企業の電気料金を8年間割り引く電源3法交付金の補助制度について国は本年度、算定単価切り下げなどの見直しを行った。電気料金引き上げや東京電力福島第1原発事故の対策費により、財源となる国の特別会計が逼迫(ひっぱく)しているのが理由。福井県内の交付額は前年度に比べ約2割減額される見通しで、交付を受けている約130社に影響が出ている。

 

2015年8月23日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ