ZEHって何?なぜ増えている?

平成30年度になってから、「ZEH(ゼッチ)マンション」なるものが続々と登場している。ZEHとは?ZEHマンションとは?について、経済産業省の事業に認定されたマンションを事例に見ていくことにしよう。【今週の住活トピック
経済産業省平成30年度 高層 ZEH-M(ゼッチ・マンション)実事業」
「Brillia 弦巻」が東京都内初の事業として採択決定東京建物
大京グループ 10 事業が採択決定/大グループ
当社の分譲マンション「(仮称)プレミスト稲川三丁目」が採択されました大和ハウスZEH(ゼッチ)とはネットゼロエネルギーハウスのこと

まず、ZEH(ゼッチ)とは何かについて、説明しよう。
ZEHとは、Net Zero Energy Houseネットゼロエネルギーハウス)を略した呼び方だ。住宅で消費するエネルギーゼロにしようというものだが、全くエネルギーを使わないわけにはいかない。住宅の断熱性・省エネを上げることに加え、太陽光発電などによってエネルギーを創り、年間の「1次エネルギー消費量」をプラスマイナスでおおむねゼロ以下にしようというもの。

なお、1次エネルギー消費量の対となるのは、「暖冷房・換気・給湯・照明」で、テレビ冷蔵庫などの電製品は対外だ。

ネットゼロエネルギーハウス(ZEH)の仕組み(出典:経済産業省の資料より転載

補助で高層のZEHマンションを後押しする仕組み

住宅のエネルギー消費量を削減したい政府は、ZEHを普及させようとしているが、ZEHでは、住宅に太陽光発電設備などを備えつけてエネルギーを創り出す必要がある。マンションは戸数が多いわりに、太陽光発電設備を設置できる屋上面積が広くないなどの制約がある。

そこで、政府はZEH普及の2030年までのロードマップを作成し、まずは注文住宅での普及にを入れてきが、次第に分譲の新築一戸建て、賃貸・分譲のマンションへと普及対を拡大してきている。

マンションについては、あいまいだったZEHマンションの定義を明確にし、補助を交付する事業によって普及を加速させようというのが、経済産業省の「平成30年度 高層 ZEH-M(ゼッチ・マンション)実事業」だ。

この事業は、住宅部分が6階以上のZEHの集合住宅が対となる。住宅部分が5階以下のZEHマンションについては、別途「低・中層ZEH-M支援事業」がある。

では、が定めたZEH-M(ゼッチ・マンション)の定義を確認しよう。
図にあるように、『ZEH-M』、Nearly ZEH-M、ZEH-M Ready、ZEH-M Orientedの4タイプがある。マンションの制約上、太陽光発電設備などによる再生エネルギーを期待しづらいことから、階数が高くなるほど再生エネルギーによる削減の基準を緩めている。

また、マンションのばあいは、従来から共用部分を含む住棟と購入対となる住戸のそれぞれで、省エネを評価してきた経緯もあり、住棟単位(専有部及び共用部の両方を考慮)と住戸単位(各々の専有部のみを考慮)の両方について、ZEH の評価方法を定めている点も特徴だ。

平成30年度 高層 ZEH-M(ゼッチ・マンション)実事業」募要項より筆者が作成

平成30年度は、15の事業(分譲マンション14・賃貸マンション1)で補助の交付が決定している。「ZEH-M Oriented」という定義の導入と補助が、ZEHマンションを後押しする仕組みとなったわけだ。

で、ZEH-M(ゼッチ・マンション)って、どんなマンション?

今回のの定義によると、年間の1次エネルギー消費量がプラスマイナスゼロになるのは「ZEH-M」のみだ。「ZEH-M Oriented」の基準を満たすZEHマンションの場合では、地域ごとに設定された外皮基準をクリアし、年間の1次エネルギー消費量を20以上削減すればよいわけだ。

平成30年度 高層 ZEH-M(ゼッチ・マンション)実事業」に採択された事業を見ると、おおむね次のようなマンションになる。

・住棟の外や屋根、住戸の床や天井の断熱性を従来より引き上げる
・サッシのフレームに熱を伝えにくい脂材(従来はアルミ)を入れ 、省エネ性の高い複層ガラスを入れる。または二重サッシにして、内脂サッシと複層ガラスを入れる
・給湯器にエネルギー消費効率の良いエコジョーズエコキュートエネファーム(燃料電池)を採用する
床暖房エネルギー消費効率の良いエアコンを採用する

グループのプレスリリースより転載

ZEHマンションは、室内にいるときに猛暑の寒さといった外気の変化の影を受けにくくなり、室内間の快適性がアップする。さらに、室内の温度調節については、エアコンをガンガン使うことも抑えられ、熱費も削減できる。エアコン嫌いの筆者にとっては、なかなか魅的だ。

一方、ZEHマンションは、省エネを引き上げるので、その分の建築コストは上がる。マンションの購入者が何を重視するか、どんな生活をしたいかによって、ZEHの価値も変わってくるのだろう。

(山本 美子)

 

2018年9月28日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ