JR西日本、初のゼロ・エネ駅実現へ 「環境発電」にも挑戦

JR西日本(大阪府大阪市)は同社として初めて、山陰本線東浜駅(鳥取県岩美郡岩美町)において「ゼロ・エネルギー・ステーション」を実現するとともに、微生物や振動などの自然環境から得られる微弱な電気を活用した「環境発電」に挑戦すると発表した。2019年11月以降、順次取り組みを開始する。

エコステーションづくりを推進

東浜駅は、貴重な自然に囲まれた駅で、臨時寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の運行開始に合わせ整備された。

「ゼロ・エネルギー・ステーション(ZES)」は、晴れの日に、顧客設備の消費電力を太陽光発電蓄電池を組み合わせて自然エネルギーのみで賄う駅のことで、同社が定めたもの。

なお、「晴れの日」とは、気象庁用語で、1日の日照時間が可照時間(日の出から日の入まで)の40%以上の日をいい、東浜駅付近では年間160日程度となっている。

東浜駅でのCO2排出削減に向けた「ゼロ・エネルギー・ステーション」の実現においては、駅舎の近くに太陽光発電設備(13kW)と蓄電池(22kWh)を設置し、電力を供給する。これにより、東浜駅で使用する顧客設備に係る電力(20kWh/日)をすべて賄う予定。パナソニック(大阪府門真市)と連携する。

JR西日本は、「JR西日本グループ中期経営計画2022」で「環境に配慮した駅等の設置推進」を掲げており、今回の取り組みはその一環として実施する。

同社では、地球環境保護への取り組みとして、省エネルギー照明や雨水利用、太陽光発電、屋上緑化など、地球環境に配慮した快適なエコステーションづくりを推進してきた。代表的な例として、太陽光発電や屋上緑化などを採用した大阪駅ビル(2011年5月開業)、直流電力変換装置や太陽光発電、全照明LED化に取り組んだJR神戸線の摩耶駅(2016年3月開業)などがある。

「ゼロ・エネルギー・ステーション」の今後の展開については、東浜駅の状況をみて検討していくが、エコステーションについては駅の開業や改良、業務用施設の新設や改良の機会を捉え、推進していく。

 

2019年9月18日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ