住宅ローンの借り換え|金利の見直しでオトクになるかも?金利が大きく低下している低金利の今、住宅ローンの借り換えをご検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

以下の条件に合う方が借り換えメリットが期待できます!ローンの残額が1千万円以上、ローンの残り期間が10年以上、現在の金利が1.5%以上

 

 

金利の見直しで、こんなに総支払額がオトクに!

 

ケース1:返済期間が1年8か月短くなり、毎月の支払額が4699円安くなり、最終回までの支払総額の差額で291万1540円安くなります! ケース2:毎月の支払額が2万1704円安くなり、最終回までの支払総額の差額で625万618円安くなります!

 

 

 

低金利が続いています!変動金利はここ20年横ばいの状況

 

変動金利は、リスクが高い、と言われてきましたが、
経済の発展過程を過ぎ、成熟期に入った日本が、バブル黄金期の金利水準に向かうとは、この経済不況の渦中にあっては容易に想像できない面があります。

 

現状では当面、金利が上がっていくとはなかなか考えにくい。 というのも、アベノミクスでは「大胆な金融緩和」が"3本の矢"の1本であり、「大胆な金融緩和」では、金利は低水準となる。
ならば、特に政策金利に連動する変動金利は大きく動かないという結論になる。

 

金利が上昇するにしても、変動金利の推移を過去20年で見てみると、「店頭金利」は1994年の4%を最後に2%台が続いており、 4%まで上がるような事態は考えにくい。変動金利の上昇幅と物価上昇率は同等に動くという説もあるが、 「変動金利の基となっている無担保コールレート・オーバーナイト物が短期間で2%も上昇するというのは低金利の今では可能性がゼロでないだけで、 常識で考えにくく、仮に変動金利が2%も上昇するならば物価上昇率は2%では済まないと考えられることから、金利が大きく上がることは考えにくいと言われています。

 

住宅ローンの店頭金利推移

 

<フラット35ホームページ内のグラフを引用>
※ 主要都市銀行のHP等により集計した金利(中央値)を掲載。
 なお、変動金利は昭和59年以降、固定金利期間選択型(3年)の金利は平成7年以降、固定金利期間選択型(10年)の金利は平成9年以降のデータを掲載。
※ このグラフは過去の住宅ローン金利の推移を示したものであり、将来の金利動向を約束あるいは予測するものではありません。

 

 

お客様に最良のプランをご提案します。ECO信頼サービスの提供する商品・サービス(太陽光発電や蓄電池、オール電化、リノベーションなど)をご契約されたお客様は、住宅ローン金利を低くする特典も受けられます。借り換えシミュレーションにて、大抵の方で100万円以上、金利が高い時期にローンを組まれた方では、800万円以上お安くなる場合がございます!!

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ