9.8kWhの蓄電池にAI搭載、ネクストエナジーが家庭向けに

ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)は、自社ブランドの家庭向けリチウムイオン蓄電システム「NX3098シリーズ」にAIによる制御サービスを付帯し、2018年11月20日から販売を開始した。

同蓄電システムは、2017年に発売したブランドリチウムイオン蓄電システム「NX3098シリーズ」に、AIによる蓄電池の充放電を最適化するサービス「グリッドシェアサービス」を付帯している。同サービスはグリッドシェアジャパン(東京都港区)が提供するサービスで、英国で1000件以上の導入実績があるという。

AIを搭載することで、各家庭の日々の電気使用状況を学習し、ライフスタイルに合わせて蓄電システムをコントロールする。例えば翌日の気象予報が晴れで、太陽光発電による発電量が見込め、日中の電気使用量が少ないと予測した場合は、深夜の蓄電量を抑える。これにより家庭の電気料金削減に貢献できるとしている。

AIによる蓄電池の充放電制御のイメージ 出典:ネクストエナジー・アンド・リソース

販売中のNX3098シリーズは、定格容量9.8kWh(キロワット時)で、平均的な家庭において1日の消費電力をまかなうことができる。停電時には太陽光発電から最大6.0kVA(キロボルトアンペア)出力が可能。全負荷型の蓄電システムのため、家の中の全てのコンセントを利用できる。出力200V(ボルト)にも対応しているため、エアコンなどの家電も利用可能だ。

この他、インターネット接続による見守りサービス(LTEルーター同梱)、これまでオプションだった自然災害補償10年を標準付帯するなどの特徴がある。サイズは幅761.6×高さ1145×奥行440mm(ミリ)で、質量は約195kg(脚部含む)となっている。

 

2018年12月8日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ