2018年は“ZEHマンション”元年だ 大京が国内初の認定取得

大京が「ニアリーZEH―M」認定を取得したライオンズ芦屋グランフォートの完成予想図

大京が「ニアリーZEH―M」認定を取得したライオンズ芦屋グランフォートの完成予想図

 経産省などが定めた住宅のエネルギー収支を実質ゼロにするネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の集合住宅版規格「ZEH―M(マンション)」の認定が始まった。大京が兵庫県芦屋市で計画する5階建て集合住宅「ライオンズ芦屋グランフォート」で、ZEH―Mの4段階の認証の一つ「Nearly(ニアリー)ZEH―M」の国内初の認定を取得した。他社の取得も進む見通しだ。実現が難しかった集合住宅のZEH化に追い風となる。

ZEH―Mでは、住戸ごとの性能をZEHに準拠して判定する。省エネと創エネによる1次エネルギー消費量の削減量に応じて4段階に分類。さらに、階層数に応じて目標水準を設定し、階数が少ない建物ほど目標水準を高く設定する。4階以上の建物では、屋上に積載できる太陽光パネルの数に制限があることを考慮した。

ニアリーZEHマンションの認定を受けた大京のライオンズ芦屋グランフォートは、総戸数79戸で鉄筋コンクリート造の地上5階、地下1階建て。ニアリーZEHに準拠した大京独自の施工基準「ニアリーZEM(ゼム)」が評価され、2017年10月に国土交通省の「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」に採択されていた。

今回の認定では、通常1―3階建ての建物の目標水準である、正味75%以上の1次エネルギー消費量削減が評価された。内断熱工法や熱貫流率の低い窓、サッシを採用し、全住戸の断熱性を向上。高効率の次世代燃料電池も全住戸に設置し、24―36%の省エネを可能にした。屋上には設置可能面積の限界まで太陽光パネルを設置し、1次エネルギー消費量の48%相当をまかなう。

開発に携わった建設管理部商品企画室の中山雄生室長は「18年はZEHマンションの元年だ」とし、普及に期待を寄せる。大京は同物件の他にも穴吹工務店と共同で10棟以上の物件を申請しており、ZEH―Mの物件数は増える見込みだ。

 

2018年7月26日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ