2016年度の再エネ賦課金、一世帯当たり月675円に 2016/3/23 8:00[有料会員限定]

経済産業省は3月18日、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の2016年度における買取価格と賦課金単価を決定し、公表した。買取価格は、調達価格等算定委員会で出された委員長案通りに決定し、10kW以上の非太陽光は24円/kWh(税抜)となった。

 一方、FITによって電気料金に上乗せされる賦課金総額の2016年度における想定額は1兆8025億円となり、同年度の販売電力量の想定(8025億kWh)で割ると2.25円/kWhとなり、標準家庭(300kWh/月)の場合、月額675円、年額8100円となる。

賦課金総額は、買取費用の総額から回避可能費用と費用負担調整機関事務費を差し引いたもの。2016年度の買取費用の総額は 2兆3000億円、回避可能費用は4975億円、費用負担調整機関事務費 2.9億円と想定した。

 2015年度の買取費用の総額は1兆8370億円だったことから、2016年度の新規稼働分などによって4630億円増加すると想定している。

 

2016年3月24日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ