2015年の電力メガトレンド(1): 太陽光発電は安定成長へ、バイオマスと小水力が躍進する1年 (1/3)

固定価格買取制度が4年目を迎えて、日本の再生可能エネルギーは大きな転換期にさしかかった。急速に拡大した太陽光発電が安定成長に向かう一方で、農山村を中心にバイオマスと小水力発電の導入が活発になっていく。環境影響評価に時間のかかる風力と地熱もようやく動き始める。

 

2015年1月5日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ