14年に引き続き15年の太陽光発電は淘汰の年に

 2015年の太陽光発産業を振り返ってみると、各地でメガソーラーの建設が相次ぎ、太陽光発電協会(JPEA)の発表によると2015年第二四半期の日本における太陽電池出荷量は前年同期比7.7%増の197万8,851kWとなっている。 相変わらずメガソーラーの稼動数は増加しており、そして、引き続き各地でメガソーラーの新設が発表されている状況だ。

 

2016年1月1日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ