「太陽光27円、他の再エネは据え置き」の狙い 調達価格等算定委員会の植田委員長に聞く

経済産業省の有識者会議「調達価格等算定委員会」が2月24日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)における2015年度の価格案をまとめた。事業用の太陽光発電は14年度の1キロワット時当たり32円(税抜き)を、15年4~6月は29円に、7月からは27円に引き下げる。2段階になっているのは、事業者の利益に配慮する3年の優遇期間が6月で終わるためだ。

 

2015年3月5日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ