FIT認定後の太陽光「過積載」、増出力時の価格適用/エネ庁

 経済産業省・資源エネルギー庁は、FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)によって太陽光発電設備が国に認定された後に、事業者がパネルの枚数を積み増して売電収入を増やす「過積載」に関する対処案を固めた。今後、太陽光パネルの合計出力が変わった時点での買い取り価格を適用させる。パブリックコメント(意見募集)の結果を踏まえ、省令など必要な改正を行う。
 改正案では、太陽光パネルを増設するなど合計出力に変更があった時点での買い取り価格を適用する仕組みに見直す。「合計出力が3キロワット以上の増加」「合計出力の3%以上の増加」が変更の条件になる。
 エネ庁は現在、意見募集を実施しており、8月4日で締め切る。一定の取りまとめ期間を経て、遅くとも9月までには省令・告示を改正、施行される見通しだ。

 

2017年7月15日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ