9月の電気料金 全社が値上げ 都市ガス大手も値上げ

大手電力各社は、ことし9月の電気料金をそろって値上げすることになりました。火力発電の燃料となる石油や天然ガスなどの輸入価格が上昇したためです。

各社の発表によりますと、ことし9月の電気料金は、使用量が平均的な家庭で沖縄電力が73円、東京電力が65円、北海道電力が57円、中部電力と中国電力が50円、それぞれ値上がりします。

また、東北電力が47円、四国電力が42円、九州電力が40円、北陸電力が33円、関西電力が29円の値上がりです。

これはイランなどの中東情勢への懸念から、原油価格が高止まりしているため、火力発電の燃料となる石油や天然ガスの輸入価格が上昇したことが主な理由です。
大手10社すべてが値上げするのは、2か月連続です。

一方、都市ガス大手も、天然ガスの輸入価格の上昇で4社すべてが9月のガス料金を値上げします。

値上げ幅は、使用量が平均的な家庭で大阪ガスが36円、東邦ガスが35円、東京ガスが34円、西部ガスが26円となっています。

 

2018年7月30日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ