駒ケ根市のゴルフ場跡にメガソーラー タイ系企業着工

タイ系の太陽光発電開発・運営事業者であるビーシーピージージャパン(BCPGジャパン:東京・港)は、長野県駒ケ根市で、出力約32MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を着工する。

BCPGジャパンが開発・運営している太陽光発電所の例。秋田県にかほ市の出力約13MW(出所:日経BP)

BCPGジャパンが開発・運営している太陽光発電所の例。秋田県にかほ市の出力約13MW(出所:日経BP)

駒ケ根市中沢にあるゴルフ場「駒ヶ根カントリー」の跡地を活用する。

ゴルフ場跡を活用した多くのメガソーラーと同様、フェアウエーやグリーン、クラブハウスなどの場所を中心に太陽光パネルを並べるなど、ゴルフ場を開発した際に造成済みの範囲内で、発電設備を設置すると見られる。排水などの設備も、ゴルフ場時代の施設を利用する。

連系先となる中部電力の特別高圧送電線までは、街中を含む経路で自営線を敷設する計画となっている。

自営線は、ほぼ公道を活用して敷設する計画。多くは地中に埋設する。

自営線が街中を通ることもあり、駒ケ根市内の近隣地域で住民説明会の開催を続けてきた。このほど、住民からおおかたの了承を得られたとし、着工に向けて計画を詰めていく。住民説明会では、夏ごろの着工を目指す考えを示したという。

駒ケ根のメガソーラーは、同社の前身である米SunEdisonの日本法人(サンエジソンジャパン)時代に開発に着手した。

その後、タイの石油大手Bangchak Petroleumグループで再生可能エネルギー開発を手掛けるBCPGが、サンエジソンジャパンを買収し、稼働中・開発中の案件を引き継いでいる。駒ケ根の案件も、その一つとなる。

買取価格は36円/kWh(税抜き)で、中部電力に売電する。太陽光パネルはトリナ・ソーラー、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用する計画として進めてきた。

BCPGジャパンの稼働済みの太陽光発電所は、岡山県勝田郡奈義町の出力約14.38MW、秋田県にかほ市の出力約13MWなど、6カ所・約40MWとなっている。

駒ケ根市の発電所を含めて、建設・準備中が3カ所・64MWあり、このほか開発中が合計150MW以上となっている。

(日経BP総研 クリーンテック研究所 加藤伸一)

 

2018年2月10日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ